結婚前に知っておきたい!『浮気』と『不倫』の違いとリスク

恋愛コラム

こんにちは、ピクルス斎藤(@pickleSAITO)です。突然ですが、皆さんは『不倫』と『浮気』の違いを知っていますか?

この2つの言葉の意味は似ていますが、実は大きな違いを秘めています。それは、法律上の意味の違いやリスクの違いです。

今回は、『不倫』と『浮気』の意味の違いと、そのリスクの違いについて説明します。結婚を考えている人は、法律的な意味を知らないと後々大問題になる可能性があります。そうなる前に是非知っておきましょう。

『不倫』と『浮気』の違いについて

まずは、シンプルにまとめます。

  • 『浮気』とは、無断で交際相手・または結婚相手以外と恋愛関係を持つこと
  • 『不倫』とは、無断で結婚相手以外と性行為を含む恋愛関係を持つこと

それではそれぞれの意味を深掘りしていきましょう。

『浮気』について

  • 『浮気』とは、無断で交際相手・または結婚相手以外と恋愛関係を持つこと

このようにまとめましたが、恋愛関係の定義は人により異なります。「どこからが『浮気』なの?」とよく議論されますね。恋愛関係の定義は人によって異なるので、境界線は人それぞれです。

  • 気持ちが移ったら
  • キスをしたら
  • セックスをしたら

これらは全て『浮気』に含まれます。『浮気』とは文字通り「心が浮ついて移ること」となります。

『不倫』について

  • 『不倫』とは、無断で結婚相手以外と性行為を含む恋愛関係を持つこと

浮気との大きな違いのひとつは、『不倫』は性行為を持つ関係に限定している点です。『浮気』はセックスをしない場合の男女関係も含まれますが、『不倫』は基本的には肉体関係を持った男女関係を指します。

民法上では「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」と定義されます。不貞行為とは「配偶者以外の異性と性的な関係を持つこと」を指します。

 

法律上の定義でけではなく、漢字に含まれたニュアンスについても説明します。

『不倫』の【倫】は『倫理』の【倫】です。そのため、「倫理を犯す」という意味をはらんでいます。つまり、『不倫』とは「道徳を外れる」というニュアンスが込められています。

一夫一妻の結婚制度に反する行為は、それだけ罪が重いのです。その意味では、心理的な要素から肉体的な要素までを包括する『浮気』の中の、より罪の重い行為が『不倫』となります。

リスクについて

それぞれのリスクについて説明します。

結論からいうと「浮気と不倫では、圧倒的に『不倫』の方がリスクが高い行為です」リスクとは、心理的なものではなく、法律的・金銭的なリスクのことです。

不倫がバレてしまったことにより対立した夫婦が離婚した場合、大きなお金が動きます。カップルが夫婦になる際に、資産の違いがあればあるほど資産を持つ側がリスクを背負います。

理由は、不倫を理由に離婚を持ち出された場合、多額のお金が動く可能性があるためです。離婚により動くお金は以下の3つです。

  1. 慰謝料
  2. 財産分与
  3. 婚姻費用

簡単に説明します。

慰謝料

精神的な苦痛に対する賠償金のことを指します。

財産分与

夫婦ふたりの財産を分割しなければいけないという決まりです。つまり、結婚生活において旦那さんだけが稼いで貯金していたとしても、その資産は折半されてしまいます。

婚姻費用

夫婦は相手の生活を自分と同じレベルで維持し、夫婦の資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分割する義務があるとされている。婚姻費用はその差分を埋め合わすお金です。

 

離婚の裁判で動くお金は数百万円から数億円にまでのぼります。夫婦関係とは、お互いに請求を受ける可能性を持つのです。だからこそ、世の中には、離婚のトラブルが絶えないんです。

『浮気調査』といった商売が存在する理由もそこですね。浮気調査を行う探偵は、ありとあらゆる方法を使って証拠を見つけ出します。

結婚制度(一夫一妻制)を正とした日本において、『不倫』は大きなリスクをはらんでいるので、結婚を考えている人や既婚者はくれぐれも気をつけた方がいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『浮気』と『不倫』の違いから、不倫による離婚の大きなリスクを説明しました。

カップルが相手以外と恋愛関係になることは『浮気』です。『浮気』は法律的に咎められる可能性は低いです。

一方で、結婚した夫婦が相手以外と恋愛関係になることは『不倫』になります。『不倫』は法律的に咎められる可能性を秘めています。

結婚というのはそれだけ責任が重い行為なのです。遊び盛りの男子は、上記を考慮した上で恋愛と結婚についてしっかりと計画を立てておくと良いですね。

参考:藤沢数希著「損する結婚 得する結婚」