水商売・全6種類のシステムや料金体系の違いをまとめてみた

恋愛コラム

夜のお店で遊びたい!

「でもどこのどんなお店にいくべきかわからない・・・」
「接待で夜のお店を選びたいけど、どこがいいんだろう・・・」
「料金はどんくらいするの?ぼったくりに逢わないかな・・・」

こんにちは、ピクルス斎藤(@pickleSAITO)です。そんな人に向けて今回、水商売の種類やシステム、料金体系の違いなどについて詳しくまとめました。

【1】キャバクラ

概要

女の子はキャバ嬢と呼ばれ、 客席に付き接待してくれながらお酒を楽しめるお店です。

料金体系

時間制です。 1時間〇〇円という料金設定です。 これをセット料金と言います。 セット料金にハウスボトル飲み放題が含まれています。

「ハウスボトル」とは
低価格帯の酒のボトルなどを指し、焼酎・ウイスキーがハウスボトルになってることが多いです。キャバ嬢はハウスボトルを飲めません。

システム

キャバ嬢の選び方

自分に付き添うキャバ嬢の選び方は以下の2パターンです。

①指名

特定のキャバ嬢を選択する場合「指名」になります。 自分の好きなキャバ嬢を選ぶことができるため、 常連のお客さんは「指名」が多いです。 その際に、セット料金から指名料金が加算されます。

②フリー

フリーとは「指名」なしのことです。 お店側で接待するキャバ嬢が決められます。 指名料は掛からない分、新人や人気のないキャバ嬢が来る可能性が高いです。

キャバ嬢のドリンク

女の子のドリンクは、こちらが支払います。 飲ませる飲ませないは自由ですが、 数杯おごるのが普通です。

ボトル

ハウスボトルの飲み放題とは別に、有料のボトルも頼めます。

キャバ嬢の給与体系

時給+歩合制です。 歩合は、指名料・ドリンク料・ボトル代です。

相場

  • セット料金:5,000円~10,000円/1セット
  • 指名料金:2000円~3000円/1セット
  • 女の子のお酒:カクテルで700円~1500円、グラスワインやグラスシャンパンだと1500円~3000円
  • ボトル代:4,000円〜(高いものは10万円を超えます)
ピクルス斎藤
キャバ嬢はお金を落としてもらえるよう営業してきます。
たくさん奢ってあげれば喜びますね。

【2】ガールズバー

概要

カウンター越しに女の子とお酒を飲むことができるお店です。

料金体系

ベースとなる料金体制は主に以下の2つです。

  1. 飲み放題(◯分◯円)
  2. 単品コース(チャージ料金+ドリンク代)

そこに

  • 接客してくれる女の子へのドリンク代
  • 指名料金

などが加わります。

相場

合計:3,000円~10,000円

ピクルス斎藤
キャバクラは女の子が隣に座るのに対して、 ガールズバーはカウンター越しとなりますので、 女の子と直接スキンシップを取ることはできませんね。

【3】スナック

概要

「ママ」と呼ばれる女性が、カウンター越しに接客をしてくれるお店です。 お酒に飲みながら、ママや常連さんとカラオケや会話を楽しむ場所です。

料金体系

料金は席料とドリンク代・ボトル代です(セット料金制の場合もあり)。 基本的には、それで入店から閉店までずっと居ることができます。

相場

合計:3,000円~8,000円

ピクルス斎藤
他の業態と比べて安さが魅力ですね。
ただし落ち着いた女性がメインなので若い女性と話したいのであれば、キャバクラやガールズバーがよいでしょう。

【4】ラウンジ

概要

ラウンジは、高級版のスナックです。

料金体系

料金体系は以下のどちらかです。

  1. セット料金
  2. 席料+ドリンク代・ボトル代

相場

席料:5,000円~10,000円
合計:7,000円~20,000円

ピクルス斎藤
スナックが庶民的なのに対して、ラウンジは高級感のある雰囲気です。

【5】クラブ

概要

嬢は主にホステスと呼ばれます。 最も高級な業態のひとつで、客層はお金待ちしかいません。 ホステスは20代の若い子から40近くまで。 高級な分、接客レベルはかなり高く、知識や人脈が豊富なホステスもいます。とても美人なホステスが着物を着てるケースも多いですね。

料金体系

フリータイム制です。かかる料金は以下です。

  1. チャージ代
  2. ボトル代

相場

チャージ代:30,000円〜50,000円
ボトル代:30,000円〜

ピクルス斎藤
六本木や銀座の高級地帯にあります。とても庶民が行けるようなお店ではありませんね・・・

【6】パブ

概要

パブは定義が広いです。以下のような意味で使われます。

①女の子と比較的安価で飲めて、カラオケができるお店

⇒実質、スナックと同じ。

②性的なサービスを受けれるお店

⇒分類上、『セクシーパブ』と言われています。
※おもに「おっパブ」。

③「イングリッシュ・パブ」「アイリッシュ・パブ」

⇒Hubなどに代表される庶民バー。

女の子による接客のサービスはありません。 どちらかといえば、ナンパスポットです。

ピクルス斎藤
昔流行った「フィリピン・パブ」は①ですね。 女の子がフィリピン人のキャバクラ・スナックです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 このように水商売は様々な形態があります。

それゆえに楽しみ方もいろいろ! 予算はどのくらいで、どんな女の子に接客されたいか、そんな視点でお店を選んでみてください。

実際女の子とは連絡先を交換できますので、 頑張って口説き続ければ、 お店の枠を超えた付き合いができることもあります。

楽しみながら、是非自分のモテ度もあげていきましょう!