脱毛

自由が丘駅近くでおすすめのVIO医療脱毛クリニック8軒|Googleの評価順に紹介

みなさんこんにちは、脱毛したい女性の味方、地雷女子ともかです。

今や至るところで見かける「脱毛」ですが、せっかく施術するのなら料金に見合った効果を実感したいですよね。

この記事では、自由が丘駅近くでVIOの医療脱毛ができるクリニックを、Googleマップの評価が高い順にご紹介します。

まずは押さえておこう!VIO医療脱毛の料金相場

「VIO脱毛したいけれど、料金はいくらかかるの?」という疑問も多いですよね。そこでまずはVIO医療脱毛の料金相場を見ていきましょう。

料金の相場は、VIOセット1回で20,000円、VIOセット5回で100,000円程度です。Vライン・Iライン・Oライン単品は、1回で8,000円〜15,000円、5回で40,000円〜60,000円程度が相場です。

1回料金の相場 5回料金の相場
VIOセット 20,000円 100,000円〜
Vライン 8,000円〜 40,000円〜
Iライン 8,000円〜 40,000円〜
Oライン 8,000円〜 40,000円〜

あくまで相場なので、同じ脱毛機器を使用していても高かったり、安かったりするクリニックもあります。参考程度に覚えておくと良いでしょう。

VIOは、他の部位と比べて太く硬い毛が生えやすい部位なので、永久脱毛するには多くの回数が必要になります。3回目あたりからだんだん生えてくる毛の量が減り、5回目でだいぶ毛量が減り、6〜8回目でほとんど自己処理の必要がなくなるとされています。

自由が丘駅近くのVIO医療脱毛クリニック全8軒!

VIO医療脱毛の料金相場が分かったところで、続いては、自由が丘駅近くにあるVIO医療脱毛クリニック全8軒を紹介します。

地雷女子ともか
地雷女子ともか
クリニックはGoogleマップの評価が高い順に並べています。

※料金は女性料金のみ記載しています。男女問わずVIOの医療脱毛を行っているクリニックもありますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

【★4.2】自由が丘クリニック

1回コースと5回コースがあり、Vラインだけなどにも対応
痛みが少ないジェントルマックスプロを使用
13歳以上なら施術可能

自由が丘クリニックは、「理想的な美と健康が叶う」チーム医療を提供する形成外科・美容外科・美容皮膚科です。

VIO脱毛は1回コースと5回コースで分かれており、5回受けたほうが割安になる料金設定になっています。永久脱毛までは、個人差はありますが5回程度の施術を推奨していますので、5回コースで申し込む方が多いです。6回目からは1回の料金が半額になります。

痛みが軽減できる冷却システムがある「ジェントルマックスプロ」を使用しており、スピードが早いので短時間で済みます。希望すれば、麻酔クリームを処方してもらえますよ。

13歳以上から施術可能ですが、18歳以下の方は親権者の同伴が必要です。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 50,000円 30,000円 20,000円 10,000円
5回料金 175,000円 105,000円 70,000円 35,000円
追加料金 ・麻酔代あり
・初診料3,000円
・剃毛代1部位5,000円
備考 ・料金は税抜表示
・上記は女性料金、男性は別料金
脱毛機器 ジェントルマックスプロ
診療時間 10:00~19:00
年中無休
住所 東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2F・3F・4F
アクセス 自由が丘駅正面口から徒歩10分
都立大学駅から徒歩10分

公式サイトで詳細を見る

【★4.0】自由通り皮ふ科

Vライン・Iライン・Oライン各部位がすべて同じ料金
VIO5回セットがお得
安産性世界トップクラスの脱毛機器を使用

自由通り皮ふ科は、地域に密着し肌のトラブルを解決する一般皮膚科・美容皮膚科です。

全身を部位ごとに分けた料金設定になっています。Vライン・Iライン・Oラインそれぞれ1箇所だけの場合は、すべて同じ料金で受けられます。VIOを5回コースは1回あたりが27,500円となり、1回で受けるよりもかなりお得です。

状況によっては剃毛料が1,080円かかりますので、自己処理をしてからクリニックに行きましょう。

世界でもトップクラスの安全性をもつジェントルレーズを使用しているので、脱毛が初めてで心配という方にオススメです。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 33,000円 13,200円 13,200円 13,200円
5回料金 137,500円 55,000円 55,000円 55,000円
追加料金 剃毛代1,080円
備考 男性の施術は要お問い合わせ
脱毛機器 ジェントルレーズ
診療時間 [月〜木]9:00〜12:00/15:00〜18:30
[土]10:00〜14:00
休診日:金、日、祝日
住所 東京都目黒区八雲2-11-16
アクセス 自由が丘駅から徒歩13分
都立大学駅から徒歩8分

公式サイトで詳細を見る

【★3.3】自由が丘ロジエクリニック

VIOセットはもちろん、Vラインだけなどにも対応
院長をはじめスタッフ全員女性!気軽に相談できる
自由が丘駅から徒歩1分の立地の良さ

自由が丘ロジエクリニックは、患者様を「一人の大切なお客様」としてもてなし、「一生のかかりつけ医」となることを目指す美容皮膚科です。

Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで受ける場合は、Vラインのみ料金が少し高くなっています。Vラインは範囲が広いため、全照射する場合も別途3,000円がかかります。

VIOセットの脱毛の料金は5回で131,250円と、相場くらいの料金です。

院長含めスタッフが全員美容知識が豊富な女性なので、女性ならではの悩みを気軽に相談できます。駅のすぐそばにあるので、通いやすいのもポイントです。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 37,500円 15,000円 14,000円 14,000円
5回料金 131,250円 52,500円 49,000円 49,000円
追加料金 麻酔代3,000円
備考 ・Vラインの全照射は別途3,000円
・VIOメニューは女性のみ
脱毛機器 ライトシェア・デュエット
診療時間 10時~19時
休診日:水、日
住所 東京都目黒区自由が丘2-10-20 弥生ビル6F
アクセス 自由が丘駅から徒歩1分

公式サイトで詳細を見る

【★3.2】ふるかわメディカルクリニック

地域に根ざした総合的なクリニック
Vライン・Iライン・Oラインそれぞれ4回36,000円(税抜)
5回目以降は1回8,000円のリーズナブルさ

ふるかわメディカルクリニックは、地域に根ざした内科や皮膚科も扱うクリニックです。

VIOセットでの脱毛は行っておらず、Vライン・Iライン・Oライン各部位を1回か4回受けることができます。1回10,000円(税抜)と明瞭な料金設定なので、医療脱毛を試してみたい方はちょうど良いかもしれません。

5回目以降は、1回8,000円(税抜)と格安になります。

内科や皮膚科も扱う総合的なクリニックなので、自由が丘に住んでいる方は検討してみてくださいね。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 10,000円 10,000円 10,000円
4回料金 36,000円 36,000円 36,000円
追加料金 ・初診料2,000円
・再診料1,000円
備考 ・料金は税抜表示
・男性の施術は要お問い合わせ
脱毛機器
診療時間 [月〜金]9:00~12:30/15:00~18:30
[土]9:00~13:00
休診日:日・祝(美容皮膚科は水曜休診)
住所 東京都目黒区八雲5-15-5
アクセス 自由が丘駅から車で9分

公式サイトで詳細を見る

【★2.9】ナガイクリニック

1回と3回の料金がさほど変わらない
1年有効のフリーパスがお得な場合も
家族や友人を紹介した方も紹介された方も施術が1回10%OFF

ナガイクリニックは、「美」を追求する美容皮膚科・婦人科・内科・アレルギー科です。

VIOセットの脱毛は行っておらず、「ビキニライン(Vライン)」「ビキニ奥(Iライン)」「肛門(Oライン)」で分けています。1回の脱毛と3回の脱毛の料金が数千円しか変わらないため、お得だと言えます。

しかし、Vラインの1年フリーパスでは料金が80,000円と大きく跳ね上がるので、どのプランにするのかよく考えて選びましょう。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

家族や友人を紹介すると、紹介した方も紹介された方も施術が1回10%OFFになるので、ぜひ利用しましょう。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 13,000円 20,000円 20,000円
3回料金 18,000円 22,000円 22,000円
追加料金 ・初診料2,000円
・再診料1,000円
備考 ・料金は税抜表示
・VIOメニューは女性のみ
脱毛機器
診療時間 10:00〜19:00(最終受付18:00)
休診日:不定休
住所 東京都世田谷区奥沢5丁目19-14
アクセス 自由ヶ丘駅南口から徒歩2分

公式サイトで詳細を見る

【★2.8】プレシャスクリニック自由が丘

5回の料金は相場くらい
VラインとIラインのセットが珍しい
土曜も19時まで開院

プレシャスクリニック自由が丘は、医学的根拠(エビデンス)に基づいた美容医療を提唱するクリニックです。

医療脱毛のメニューは1回のみとなっているので、2回以上受けたい場合は相談してみましょう。VIOセットが1回27,000円(税抜)で、5回受ければ135,000円(税抜)なので相場とほぼ同じです。

珍しくVラインとIラインのみセットの料金があるので、「VIOを脱毛したいけど、Oラインはいらない」という方にもオススメです。薬代はかかりませんが、カウンセリング料金は30分3,000円かかります。

自由が丘駅から近く、土曜日も19時まで診察しているので通いやすいクリニックです。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 27,000円 10,000円 10,000円 10,000円
5回料金
追加料金 カウンセリング30分3,000円
備考 料金は税抜表示
脱毛機器 ジェントルレーズ
診療時間 10:00〜19:00
休診日:水、木、日
住所 東京都目黒区自由が丘2丁目11-5 自由が丘ミドリビル2F
アクセス 自由が丘駅正面口から徒歩1分

公式サイトで詳細を見る

【★2.6】松原皮ふ科・形成外科

VIOセットとVラインのみなどのメニューあり
麻酔クリームと麻酔テープを使用
WEBからいつでも予約可能

松原皮ふ科・形成外科は、お肌のお困りごとに対して治療を行うクリニックです。

VIOセット料金のほか、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれでも受けられます。どれも1回よりも5回のほうが割安になる料金設定です。

VIOラインは施術前に麻酔クリームや麻酔テープを使用し、30分程度経過してから脱毛を行います。痛みが心配な方も安心してくださいね。

上記の料金のほか、麻酔クリームが2,000円かかります。また、VIOの場合、剃毛代は2,000円です。忘れずに自己処理をしてから脱毛に臨みましょう!

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 37,500円 15,000円 14,000円 13,000円
5回料金 150,000円 60,000円 56,000円 52,000円
追加料金 ・初診料3,000円
・再診料1,250円
備考 ・料金は税抜表示
・男性の施術は要お問い合わせ
脱毛機器 ライトシェアデュエット
診療時間 [月・金]9:30~14:00/15:00~18:00(最終受付17:30)
[火・土]9:30~13:30/15:00~18:00
[水・日]9:30~13:30
休診日:木、祝
住所 東京都目黒区自由が丘3-10-6
アクセス 自由が丘駅から徒歩5分

公式サイトで詳細を見る

【★2.1】湘南美容クリニック 自由が丘院

カウンセリングや再診料、薬代も無料なのでお財布に優しい
相場の半額程度の料金
会員割引・学生割引や他院からの乗り換えがお得

湘南美容クリニックは、日本・海外に103院展開する美容業界大手クリニックです。

男性VIOの対応院・男性専門院もありますが、女性料金より男性料金のほうが高くなっています。

VIO5回の相場が10万円前後なので、圧倒的に安い価格で受けられます。

さらに、会員限定や学生限定の割引もあるので、手頃に利用できる医療脱毛クリニックといえます。

VIOセット Vライン Iライン Oライン
メニュー
1回料金 9,800円 6,180円 6,180円 6,180円
6回料金 54,000円 29,280円 29,280円 29,280円/td>
追加料金
備考 ・料金は税込表示
・上記は女性料金
・男性はVIO1回16,090円
・男性はVIO6回73,330円
脱毛機器 ・ジェントルレーズPRO
・メディオスターNEXT PRO
診療時間 10:00~19:00
休診日:火
住所 東京都目黒区自由が丘2-13-6 TOKYU REIT自由が丘スクエア4階
アクセス 自由が丘駅から徒歩2分

公式サイトで詳細を見る

自由が丘駅近くのVIO医療脱毛マップ&一覧表

上で紹介した自由が丘駅近くでVIOを医療脱毛ができるクリニック全8軒を、地図と表にまとめました。数字を押すとクリニックの詳細や口コミが出ます。

クリニック名 評価 公式
①自由が丘クリニック ★4.2 公式
②自由通り皮ふ科 ★4.0 公式
③自由が丘ロジエクリニック ★3.3 公式
④ふるかわメディカルクリニック ★3.2 公式
⑤ナガイクリニック ★2.9 公式
⑥プレシャスクリニック自由が丘 ★2.8 公式
⑦松原皮ふ科・形成外科 ★2.6 公式
⑧湘南美容クリニック 自由が丘院 ★2.1 公式

※評価が同じ場合は口コミ数が多いものを上位としています。
※評価と口コミ数は2020年11月10日時点のものです。

失敗しないVIO医療脱毛クリニックの選び方

ここからは、VIO医療脱毛クリニックの選び方について解説します。

医療脱毛を行っているクリニックはたくさんありますが、「どのクリニックを選んだら良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

当サイトでは、次の5つを踏まえてクリニックを選ぶことをオススメしています。

  1. 料金に納得できるか
  2. どんなレーザーを使っているか
  3. 通いやすい立地にあるか
  4. 予約が取りやすいか
  5. 途中解約できるか

①料金に納得できるか

医療脱毛は、決して安い買い物ではありません。しっかりした効果を実感したいのであれば、ある程度の出費は仕方ない部分もあります。

しかし、料金に納得できないまま申し込みするのは避けましょう。以下の3つのポイントを抑えて、料金に妥協せず、自分が納得できるクリニックを選びましょう。

(1)独自の分け方に惑わされない

クリニックによっては、Vラインの中でも「上部」と「サイド」など、独自の分け方をして料金を設定しているところもあります。細かく希望を出せるので便利な反面、他院と比較しづらく、惑わされてしまうことになりかねません。

「VIOのどの部分を脱毛したいのか?」を決めてからクリニックを選ぶと良いでしょう。

(2)1回あたりの料金で即決しない

相場に比べて、1回あたりの料金がとても安いクリニックもあります。「とにかく安いところが良いから」とすぐに決めるのではなく、合計でいくらになるのか見積もってから決めましょう。

1回あたりの料金が安くても、効果が小さければ永久脱毛までには何回も受けることになり、結果的に高い料金を払うことになってしまいます。長期的なスパンで計画を立てましょう。

(3)複数回コースは疑問を残して選ばない

1回コースと複数回コースがある場合、複数回コースのほうが1回あたりの料金が安くなっています。割安だからと飛びつかないことが大切です。

「途中で解約しても返金されるかどうか」「何回で永久脱毛に近づけるのか」「コースが終わったあとも追加で受けることはできるのか」などを確認して、疑問を残したまま申し込みしないようにしましょう。

地雷女子ともか
地雷女子ともか
いくつかのクリニックでカウンセリングを受けて、自分の目で比較するのも効果的です。

②どんなレーザーを使っているか

クリニックによって、使用している脱毛機器は異なります。大手美容クリニックのほとんどは、どんな脱毛機器を使用しているか公開しています。公式サイトなどで脱毛機器について詳しく説明していることもあるので、チェックしてみましょう。

医療レーザー脱毛機には大きく分けて3種類(蓄熱式を入れると4種類)あります。レーザーによって、皮膚のどのくらい奥深くまでレーザーが届くのか、どんな肌に対応できるのか異なります。

アレキサンドライトレーザー 熱破壊式ダイオードレーザー ヤグレーザー 蓄熱式ダイオードレーザー
破壊する部分 毛母細胞 毛母細胞 毛母細胞 バルジ領域
波長 755nm 800~910nm 1064nm 808nm&940nm
効果
痛み
産毛対応 ✖️
日焼け肌対応 ✖️
アトピー肌対応
敏感肌対応

「痛みが少ない脱毛機器が良い」という方や、「肌が弱いので仕組みをちゃんと知ってから施術したい」という方は、クリニックがどのレーザーを使用しているか確認しましょう。

また、「VIOだけ」など、脱毛したい部位が1箇所なら問題ありませんが、全身脱毛など太い毛も産毛も混じっているような部位の脱毛をする際は、2種類以上の脱毛機を使用しているクリニックを選びましょう。部位によってレーザーの使い分けをすることで、産毛から太い毛まで綺麗に均等に脱毛することができます。

レーザーごとの機器の種類

 
アレキサンドライトレーザー
ジェントルレーズ、ジェントルマックスPRO、アリオン、ソプラノチタニウム、ソプラノアイスプラチナム

熱破壊式ダイオードレーザー
ライトシェア、ライトシェアデュエット、ベクタス、ソプラノ、ハヤブサ

ヤグレーザー
ジェントルヤグ、ジェントルヤグプロ、クールグライド、ジェネシス

蓄熱式ダイオードレーザー
メディオスター NeXT PRO

③通いやすい立地にあるか

脱毛が完了するまでには、早くても数か月、長くて1年以上の時間がかかります。数回は自分で足を運ぶ場所なので、あまり遠すぎると行くのが面倒になってしまうことも。

ストレスなく通い続けるために、自宅の近くや通勤途中に寄る場所、雨の日も濡れずに行ける立地など、通いやすいクリニックを選びましょう。

④予約が取りやすいか

脱毛を完了するためには、期間を開けて複数回クリニックに通うことになります。スムーズに脱毛を進めるためにも、次回の予約が取りやすいクリニックが良いでしょう。

インターネットで24時間いつでも予約できるシステムを導入したり、予約が混み合わないように一定期間新規の患者が契約できないクリニックもあります。

⑤途中解約できるか

痛みがひどかったり肌に合わなかった場合、「途中で解約できるかどうか?」を事前に確認することでキャンセル料のトラブルを防げます。

また、途中で引越しせざるを得なくなったときにどうするかなど、クリニックによっては返金対応してくれるところもあるので、契約する前に聞いてみましょう。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

続いて、医療脱毛とサロン脱毛の違いについて解説します。

「脱毛」とひと口に言いますが、一般的に行われる脱毛には大きく分けて医療脱毛サロン脱毛の2種類があります。2つの違いを表にまとめました。

通称 医療脱毛 サロン脱毛
脱毛方法 医療レーザー脱毛 光脱毛
効果 永久的な脱毛 一時的な減毛抑毛
料金 高い 安い
通う回数 5回前後 15回前後
通う年数 1~2年 2~3年
施術時間 短時間 短時間
施術者 医師・看護師 サロンのスタッフ
痛み あり なし
麻酔 あり なし
安全性 医師の指導 サロン独自の研修
医薬品の処方 OK NG
トラブル時 医師が治療 クリニックを紹介

まず、サロン脱毛は、エステサロン独自の研修を受けたスタッフが、エステ用の光脱毛機を使用して行う光脱毛(フラッシュ脱毛)の抑毛(よくもう)行為です。

一方、医療脱毛は、国家資格を持つ医師と看護師が、医療機器を使用して行うレーザー脱毛の医療行為です。医療脱毛では、毛を生やす「もと」となる組織を破壊するので、永久脱毛をすることができます。

「医療脱毛」=「永久脱毛」=「二度と毛が生えてこない状態」と誤解されやすいですが、実際はそうではありません。「永久脱毛」の定義は、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によると次の通りです。

・最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である状態
・3回照射後、6か月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

つまり、医療脱毛によって永久脱毛をしても、ある程度の毛が生えてくることはありえます。医療脱毛は、あくまで永続的な減少であり、永久的な除去ではないことを覚えておきましょう。

女性A
女性A
医療脱毛は、サロン脱毛よりも痛いって聞くけど?

医療脱毛はその名の通り医療行為なので、痛いかどうか心配ですよね。しかし、状況に応じて麻酔クリームを使用するので、大きな心配はありません。

女性A
女性A
医療脱毛は、レーザーが強すぎるから火傷したり肌が傷つくってホント?

医療脱毛のレーザーは基本的に皮膚には反応しない設計のため、皮膚の火傷や色素沈着のリスクが少なく、肌にやさしいのが特徴のひとつです。むしろ、シミやニキビ跡、肌の黒ずみが薄まるなど美肌効果も期待できます。

 

近年、サロン脱毛は「格安で効果がある!」と宣伝しており、全国に店舗の拡大を進めています。

しかし、法的にサロン脱毛では永久脱毛できるほどの強いレーザーを使えません。毛を生やす「もと」となる組織を破壊できず、ダメージを与えるに過ぎないため、一時的な減毛効果しかないのです。

つまり、長期的なコスパを考えると、エステ脱毛よりも医療脱毛の方がメリットが大きいといえるでしょう。

VIO脱毛のメリット

医療脱毛とサロン脱毛の違いが分かったところで、VIOの医療脱毛について詳しく解説します。医療脱毛は顔や脚など、体中のさまざまな部位に行うことができます。女性にとって地味に気になるのが、VIOと呼ばれるデリケートゾーンですよね。

では、VIOを脱毛すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

①デリケートゾーンを清潔に保てる

VIOは、人に見られる機会はほとんどない部位ですが、お手洗いや生理中に汚れがつきやすい場所。毛量が多いと拭き取るのが大変ですし、かゆみや蒸れが伴うこともあります。

VIO脱毛することによって、トラブルやニオイのもとを断ち切り、デリケートゾーンを清潔に保つことにつながります。

②自己処理の手間が省ける

「脱毛のときデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしいし、自己処理でいいや…」と思う人も多いですよね。しかし、デリケートな部分だけにカミソリ負けを起こしてしまったり、埋没毛といった肌トラブルになってしまうこともあります。

VIOを脱毛することで、自己処理の煩わしさや、自己処理したあと生えてきたときのチクチク感ともお別れできます。

③アンダーヘアを気にせずおしゃれを楽しめる

せっかくかわいい水着や下着を身につけても、アンダーヘアがはみ出してしまうのは避けたいもの。

「はみ出してないかな…」という不安を避け、好きな下着を履いたり思いっきりおしゃれを楽しむためにもVIOの脱毛はオススメです。

以上のような理由から、近年、脱毛で人気がある部位です。

VIO脱毛のデメリット


VIO脱毛には、メリットがある一方でデメリットもあります。楽して綺麗にはなれないということですね。甘い言葉に惑わされないように、デメリットもよく知っておきましょう。

①他の部位に比べて痛みが強い

VIOは、皮膚が薄く敏感な部位であるため、施術中の痛みに我慢できない人も多いです。

痛みが心配な場合は、麻酔クリームを処方してくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。また、クリニックによっては脱毛したい部位にテスト照射をしてくれることもあるので、どのくらいの痛みなのか契約する前に確認しておけば安心です。

②肌トラブルを起こしやすい

VIOの脱毛後には、赤みやヒリヒリ感、腫れやむくみが起こります。これは正常な経過で、数日で自然に治ります。炎症を抑える薬を処方してくれるクリニックもあるので、保湿もしっかり行いましょう。

VIOは敏感な部位なので、施術後に肌トラブルが起きることもあります。少しでも違和感をおぼえたら医師に相談しましょう。

起こりうる肌トラブル

 
ほぼ稀ですが、火傷することもあります。火傷によって、黒ずみやニキビ跡のような赤茶色い色素沈着が生じることもあります。

非常に稀ですが、レーザーの熱が肌に溜まることで、毛穴に沿ってニキビのような赤いブツブツができる毛嚢炎(もうのうえん)や、毛が濃くなったり太くなったりする硬毛化が起こることもあります。

硬毛化は光脱毛機器でも起こることがあります。

③施術が恥ずかしい

VIOを見られたり、施術中の格好が恥ずかしいという人も多いです。

しかし、ほとんどのクリニックでは患者と同性の医師や看護師が施術を担当してくれます。彼らは経験豊富なプロなので、声かけをしながら施術することがほとんどです。

Vラインのデザインの種類

Vラインは脱毛する際に、いろいろなデザインが選べます。「どのデザインにすれば良いか分からない…」と悩む方も多いのではないでしょうか。それぞれのデザインの特徴を見ていきましょう。

ナチュラル

その名の通り自然に仕上げるデザインで、最も人気があるデザインです。元の毛量を減らす程度ですが、下着や水着からはみ出すことがなくなりケアも楽になります。

VIO脱毛していることが分かりにくいデザインなので、人の目が気になる方にはオススメです。

トライアングル(逆三角形)

ナチュラルよりも小さめに脱毛するデザイン。より小さめの下着や水着も着こなせます。

ミニ逆三角形

トライアングルよりもさらに小さく、スタイリッシュだけど可愛らしいデザイン。最低限だけ毛は残しておきたいという方にぴったりです。

オーバル(楕円形)

女性らしく丸みのある可愛らしいデザイン。はみ出ないことはもちろん、脱いだら丸くて可愛いギャップが魅力です。

スクエア

その名の通り、正方形に近い形で毛を残すデザイン。大きさを選べることもあります。遊び心があってかっこよくも可愛くもなれるデザインです。

Iライン

Iラインに沿って毛を残す、海外で人気のデザインです。スタイリッシュではありますが、最低限の毛は残せます。

ハイジニーナ(全処理型)

近年、人気が高まっているすべて脱毛するデザインです。どのデザインよりもお手入れが楽で衛生的になります。クリニックによっては、ハイジニーナしか選べないところもあります。

自由型(ハート型など)

好きな形に毛を揃えて脱毛するデザイン。叶姉妹の恭子さんはハート型に脱毛しているそうです。VIOを使って伝えたいメッセージがある方は挑戦してみるのも良いですね。

どのデザインも迷いますよね。しかし、脱毛すると基本的に毛はもう生えにくくなるので、元の形には戻せません。VIOは温泉などで見られる部位なので、「人に恥ずかしい」という方は、無難なデザインを選ぶことをオススメします。

まとめ

自由が丘には、大手美容クリニックだけではなく皮膚科や形成外科で医療脱毛を行っているクリニックも多いです。

料金は大手と大して変わりませんが、VラインやIラインごとの施術が多めなので、「VIOセットではなくVラインだけ脱毛したい」という方にはオススメです。

脱毛は決して安くないので、自分の希望に合ったコースを提供しているクリニックに出会えると良いですね!

ABOUT ME
地雷女子ともか
地雷女子ともか
22年処女をこじらせた地雷女です。 童貞にはモテるのに、好きになった人には振られるダメンズホイホイ。 マッチングアプリで出会った人と付き合いついに処女を卒業するも、交際4か月記念日に「疲れた」と言われて破局。 愛し愛される幸せを掴み取るため、日々奮闘中です。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です