セックス

女性は性欲が溜まって大変!香港人女性とエッチしてセフレにする方法

香港人は、中国でありながらも、中国人とは文化や習慣が大きく異なり、また性に対しても全く違った感性を持っています。

中国がまだまだ閉鎖的であったころ、香港はキャバレーブームに沸き、また風俗産業も大いに盛り上がるなど、性に対しはかなり前からオープンな都市として栄えてきました。

 

1997年にイギリスから中国に返還され、今ではすっかり香港=中国という認識に塗り替えられましたが、文化や習慣、人々の考え方はまだまだイギリスの影響を色濃く残しています。

そして性に対する考え方も同じで、欧米のように性に対しては比較的オープンで、中国本土ではまだまだ浸透していないセフレという関係も、香港では珍しい関係ではないといえるでしょう。

今回は香港のセフレ事情と香港人女性のセフレの作り方についてご紹介していきます。

おませさんが多い!香港人女性の性事情

①アダルトサイトの閲覧が可能

香港は中国本土とでは同じ国でありながら、インターネットの環境は全く違っています。まず主要な検索エンジンですが、中国本土は「百度(バイドゥ)」が圧倒的なシェアを誇っており、そのシェア率は約80%にのぼります。

一方、香港は日本や欧米と同じように、グーグルのシェアが圧倒しており、90%以上のシェア率を誇ります。

そのため、中国本土のような厳しい規制がかかっていないため、日本や欧米のアダルトサイトはもちろんのこと、香港のアダルトサイトも自由に見ることができます。

②おませさんが多い

香港は外国人が多く、小さい時から欧米文化に触れ合う機会が多いです。セントラルやクーロンの街中では、昼間からチューチューしている外国人が多いので、香港の女性は比較的早い段階から性に対して意識する人が多いです。

また、香港はポルノ映画にも力を入れており、日本以上に過激な描写のものもあるので、昔はブラウン管を通して、今はネットを通じてこうした性に向き合う機会が多かったといえるでしょう。

③初体験が早い

香港・マカオ地区のデータですが、初体験の平均年齢は19.2歳で、1995年生まれ以降の女性に至っては17.7歳という数字です。一方、北京は20.6歳、他の地方都市はもっと遅いというデータがあります。

つまり、中国の中では香港人の初体験は早く、早くから性に向き合う機会が多いためだと考えられます。

セックスの満足度が低い!香港人女性のセックス感

①セックスの満足度は低い

香港の女性は早くから性に触れ合う機会が多いものの、セックスに対してはいいイメージを持っていません。

セックスの満足度を示す統計によると、香港人のセックスに対する満足度は、世界でも非常に低い水準にあり、セックスに対して楽しみを感じていないという女性は多いのです。

そのため、香港では日本と同じように、セックスレスに陥っている夫婦が多く、社会的な問題になっているほどです。ちなみにセックス満足度で、ぶっちぎりで世界最低なのは、我が国日本という悲しい現実もあります。

②2次元のエロさを求める香港人男性

①の香港人のセックスの満足度が低い理由の一つとして、香港は男性の性欲がとにかく低いというデータがあります。アダルトサイト大手Porn Hubのデータによると、香港人男性が検索する最も多いキーワードは「変態」です。

この変態のキーワードの意味は、外国では日本のエロアニメを示しており、要はリアルのエロ動画ではなく、2次元のエロ動画を求めている男性が多いということです。

香港の女性は、気が強い女性が多いですが、エロアニメの女の子は男性に従順で、しかも可愛いため、香港の男性にとっては非現実的なエロさがあります。男性を尻に敷く、リアルの女性よりも、アニメの中の女の子に興奮する男性が多いというのが現実です。

③気の強さはセックスにも反映

①と②を総括すると、香港の女性は決してセックスが嫌いなのではなく、性欲が弱まっている香港の男性のせいで、セックスの満足度が落ちていると考えられます。事実、香港人のセックスは女性優位で進むことが多く、積極的なのはむしろ女性の方です。

 

ただ、気の強い香港人の女性ですので、四つん這いになってただヤラれるだけというのも物足りないと感じている女性も多いようです。女性から攻めることもあり、人によっては女王様気質が強いと表現している男性もいます。

ちなみに、男性はというと、女性を喜ばせるような前戯や体位はほぼなく、基本的にイクまで単調な動きをするだけです。

香港人女性とヤリたい男性必見!セフレにしやすい香港人女性と出会う方法

日本で中国人のセフレを作りたい方は『ハッピーメール』


ハッピーメール(18禁)』は、20以上年の運営実績で累計会員数2,000万人以上の元祖出会い系サイトです。出会い系のトップに君臨するサービスと言えるでしょう。

まず、ハッピーメールの強みは圧倒的な会員数の多さですね。大手企業が運営している為、女性集客に莫大な広告予算を割いています。年齢確認・番号認証が必須なので、セキュリティは厳しいです。

 

香港人女性でも最近はハッピーメールに登録する女性が増えています。特に、日本で遊びたい・出会いを求めたいといった女性が利用しています。

香港人のセフレがほしければ、こうした遊び系の出会い系サイトを使うと、貞操観念の低い、Hしやすい香港人女性に出会えます。

早速、ハッピーメール(18禁)に登録してみる

マッチングアプリを使う

具体的な出会い方についてですが、セックス目的であれば最もおすすめなのがマッチングアプリを使ったやり方です。

理由は、そういったツールを使っている香港人女性は、出会いやセックスに飢えているからです。そして、次にどのようなマッチングアプリを選ぶかについてですが、ポイントは以下の2つです。

  1. 世界的に有名で外国人に認知度の高いサービスを選ぶ
  2. ターゲット選定で解説したような日本好きの香港人と出会いやすいサービスを選ぶ

上記を満たす出会い系サービスを紹介します。

Match.com(マッチ・ドットコム)


Match(マッチ)』は、世界最大級のマッチングアプリです。世界25カ国、1500万人以上ものユーザーを抱えています。国際恋愛するのであれば、鉄板のサービスです。

検索設定が充実していて、住まいを『東京』、出身国を『香港』といった風に、自分の好みの在日香港人女性と出会う事が可能です。

こちらのサービスは無料から始められます。何から始めようか迷った場合には、マッチ・ドットコムであれば外れる事はありません

メールを送るには有料会員になる必要があります。だから、まずは試しに無料登録から始め、もしマッチが気にいったり、気になった女性がいればあとから有料に変える方法がおすすめです。

セフレにしやすい香港人女性(香港現地)

①セックスレスの人妻

これまでの香港人の特徴で説明した通り、香港人の女性はセックスに対して満足していない女性が多いです。

上手くいっていない夫婦は、新婚当初は愛睦まじく夜を一緒にしていたものの、数年が経ちお互いの関係が冷えてくると、夜の営みはもちろんのこと、一緒にベットで寝ることもしなくなります。

ただ、そんな状態になっても性欲を発散したいという性欲はあるので、自分の夫以外の男性と関係を持ちたくなります。そんな女性はセフレに向いているといえるでしょう。

②シングルマザー

香港は離婚率が高く、3割の人が離婚するというデータがあります。理由としては、香港の女性はバリバリ働いている人が多く、男性と同等の収入があり、また自立心も強いので、離婚することに対してもあまり気負いしていないからです。

また、狭い土地柄で、子供は近くの両親に預けることができるので、香港のキャリアウーマンの多くはバツイチ女性となっています。

 

そんなシンママはセフレとして最も適しているといえるでしょう。シンママも仕事や子育てから解放されたいと望んでいる女性が多く、たまにセックスして「女」になったり、男性の肌のぬくもりを感じたいと思っているので、気が合えばセフレにも応じてくれます。

シンママが特に多いのは、セントラルやクーロンのようなビジネス街で働いているキャリアウーマンです。

③日本人好きの香港人女性

香港の女性は日本が大好きな女性が多いです。現在コロナ禍で一時的に減っていますが、コロナ禍以前は多くの香港人女性が休みを利用して日本に遊びにきていました。

元々日本人が大好きな女性は、日本人の友達がほしいと考えているので、まずは友達として付き合っていく中で、気が合えばセフレという関係を築ける可能性があります。

あまり多くはありませんが、中には香港と日本の遠距離セフレをしているセフレパートナーもいます。日本と香港はそれほど距離は離れていないので、ほどよい距離感覚がお互いにとって都合がよく、たまにセックスるするのが心地いいと感じているようです。

こんな香港人女性はセフレにするな(香港現地)

①本土からの出稼ぎ労働者

香港には、中国本土や東南アジアからの出稼ぎ労働者がたくさん住んでいます。外国人ではフィリピン人やインドネシア人などが多く、主にメイドの仕事が多く、住み込みで働いている人もいます。

基本出稼ぎ労働者はセフレとしては向いていません。理由としては、お金目当ての女性が多く、終わったら多額のお金を請求される可能性もあります。また、トラブルにもなりやすいのも出稼ぎ労働者ですので、近づいてきても極力避けるようにしましょう。

②水商売の女性

香港の水商売の女性は要注意です。いくらその女性が人当たりがよく、純粋そうに見えても、バックに何がついているかわかりません。

香港はマフィアの力が強く、特に水商売関係においては日本の暴力団同様影響力が強いので、もし関係性がバレてしまうと、どんなトラブルに発展するか想像もつきません。

水商売の女性とのセフレはもちろんのこと、友達関係としてもあまりオススメできません。

日本国内でセフレにしやすい香港人女性

①日本に家を持っている香港人女性

皆さんご存じでしょうか?日本のタワーマンションを買い漁っているのは、中国人ですが、中でも台湾人と香港人の数が圧倒的に多いです。

日本のタワーマンションは矢継ぎ早に建設されているにもかかわらず、すぐに売れてしまう理由の一つとしては、こうした外国人、とりわけ香港人のような富裕層が買い占めているからです。

そして、年に数回香港から遊びに来た際に、タワーマンションに泊まって豪遊していくので、普段は賃貸にも出しておら、空き部屋なっています。

 

実際、仕事と称して香港から来日している女性が、夜は日本の自宅に男(日本人や白人)を呼んで、セックスを楽しんでいるという話しは一つや二つの話しではありません。

そんな香港人女性をセフレにすることができれば、セックス好きの男性としては間違いなく勝ち組といえるでしょう。

②香港からの駐在員

近年香港をはじめ、中国企業の駐在員が増えています。特に、中国本土企業の日本進出が盛んなため、東京や大阪には中国人駐在員が増加しています。

ただ、多くは独身者や単身で来ている場合が多く、友人の少ない香港人であれば夜はさみしい思いをしている人が多いです。そんな香港人は出会いを求めたり、性欲がたまったりするので、夜のパートナーを求める女性もいます。

次のフレーズで詳しく説明しますが、そんな女性はナイトクラブや出会いを求めて外国人の多いバーに行ってストレスを発散させます。

セフレにしやすい香港人女性が日本でよく行く場所

①ナイトクラブ

香港人女性はナイトクラブに行くのが好きです。香港では中心部の中環(セントラル)にクラブが集中しており、また規模が大きく有名なクラブもあり、数は東京並みに多いです。香港の女性にとって、ナイトクラブは日本の女性以上に身近な存在といえます。

また、日本では渋谷や新宿のクラブにもいきますが、圧倒的に多いのは六本木のクラブです。また、大阪であれば心斎橋のクラブに顔を出すことが多いですね。

②ディスコ

ディスコもクラブと同じようにアジア系の外国人が増えてきています。香港人女性の利用者としては、東京であれば銀座のCLUB GHQジニアス東京が多く、大阪であれば、マハラジャミナミなどが多いです。

踊り好きな女性は、性に対してもオープンな女性が多いので、セフレの原石を見つけやすいといえるでしょう。

香港人女性はラブホは嫌い?香港人女性が好むセックスする場所

①ラブホ受けはよくない

中国本土の女性にはラブホ受けはよく、実際にホテル代わりにラブホを使われるほど、ラブホ人気は高いです。ただ、香港の女性にとっては、ラブホは「娼婦がいくところ」というイメージが強く、いい印象を持っていません。

また、プライドの高い女性が多いので、Hする際はホテル、とりわけ高級ホテルを好みます。

なかなかハードルの高い香港人女性とのHですが、気が強く、若干S気のある性格ですので、日本人女性とのセックスに比べて新鮮な感覚を持つことは間違いないでしょう!

②男性の家

先ほども紹介しましたが、香港は不動産価格が高く、また賃料も高いので、実家暮らししている女性が多いです。また、香港自体それほど広い場所でもないため、わざわざ実家を出る必要性も少ないためです。

ですので、セックスする場所は、ホテルか自宅がほとんどです。ただ、男性側も同じ理由で実家に住んでいる人が多いので、結婚して独立するまではセックスする場所に困っているという香港人は多いようです。

まとめ

以上香港人女性のセフレの作り方についてご紹介しました。

香港人女性のセフレにしやすい女性のパターンとしては2つ。現地香港でつくる方法と日本でつくる2つのパターンです。今回説明したような女性をターゲットにすれば出会える確率もグッと上がるでしょう。

 

また、昔はなかなか出会う機会がなかったものの、出会い系サイトやマッチングアプリの発達によって、香港人のような外国人にも出会えるチャンスが大きくなりました。

特に、マッチングアプリであれば、近くにいる香港人女性にダイレクトでメールやアプローチすることも可能ですので、積極的に連絡をとっていきましょう。

 

なお、外国人のセフレの作り方については、他の記事で具体的な方法について解説しているのでそちらも参考にしてみてください『外国人セフレの作り方|出会ってからエッチするまでの具体的な手順

まずはマッチに無料登録し、香港人女性を探してみる!

こんな記事もおすすめ